訪問介護 サービス内容
訪問介護サービスとは?
在宅で介護を必要とする高齢者や障がい者の自宅をホームヘルパー(訪問介護員)が訪問し、日常生活の支援を行うことを目的とする在宅サービスです。
また、高齢者は介護認定を受けた方、障がい者は支援区分認定を受けた方は、それぞれの保険で定められたサービスを受けることができます。
 

訪問介護サービスの内容

高齢者の介護保険のサービスには、身体介護や生活援助サービスがございます。

身体介護は利用者の身体に直接触れて行う介助サービスで、食事の介助、入浴や排泄(はいせつ)の介助および清拭(せいしき)、洗顔や洗髪あるいは歯みがきなどの身体整容、衣服の着脱の介助、体位変換や移動の介助、さらには服薬介助などが含まれます。
生活援助サービスには調理や洗濯あるいは掃除などの家事、さらには買い物など日常生活上の世話が含まれます。ほかに生活上の相談にも対処し、必要に応じて助言も行います。

障がい者の障害福祉サービスは、居宅介護(身体介護と家事援助)と通院等介助、移動支援サービスを行なっています。
身体介護は介護保険と同等のサービス内容です。
家事援助は介護保険の名称の生活援助サービスと同等になりサービス内容も同等です。

通院等介助は、病院や診療所に定期的に通院するときや、公的手続きまたは相談のために官公署を訪れる場合等に、車両への乗車・降車の介助、通院先での受診の手続き、その他通院・訪問に伴う、屋内外における比較的時間を要する介助を行います。
移動支援は、屋外での移動が困難な方(肢体障害、知的障害、精神障害の方、障害児は小学生以上)に対して、社会生活上必要不可欠な外出または余暇活動等の社会参加の外出の支援を行います。
 
 

お問合せはフリーダイヤルまで